ブブカ育毛剤の効果は、厚生労働省認可という時点で済んでいる!

 

育毛剤でひそかに評判を高めているブブカ育毛剤ですが、

ネット上では、いろんな情報が乱立しております。

ですので、ブブカ育毛剤が本当に効果のある育毛剤なのかどうか?

コレについては、やはりネット上の情報を参考にしたりするわけです。

 

ではこちらの口コミサイトをご覧ください⇒ブブカ育毛剤

こちらのサイトでは、ブブカ育毛剤を使った口コミサイトとなっています。

50代の男性のようですが、実際に画像つきで紹介されています。

まあ、画像を見る限りものすごくフサフサという感じでは無いのですが、たしかに多少は育毛効果を感じることはできます。

 

というよりも、厚生労働省認可の成分を使用しているので、それなりには頭皮環境を改善させるのには役立つと思います。

 

反対に、ブブカのみならず育毛剤を使っても効果がでない、、、と言う方は、睡眠不足だったり、インスタント食品ばかり食べるなど、体によくないことばかりやっている可能性が高いです。

なので、最終的には個人差がでてもしょうがないのかもしれませんね。

抜け毛と亜鉛の効果について

亜鉛不足になると、抜け毛が増えると言われています。
なぜでしょうか?
それは、毛根の中に合る毛母という組織で作られた毛髪組織は、分裂を繰り返し成長していきます。
これが髪の毛が伸びるという減少です。
ですがこの時に必要な栄養が亜鉛だというのです。
実際に、亜鉛を十分にとれている人とそうでない人は、髪の毛の伸び方が違います。
また抜け毛も多くなるのです。

また、亜鉛不足だと、抜け毛だけでなく髪質も悪くなります。
本来の健康な髪は、表面がクチクラという物質で覆われております。これは摩耗から髪を守るためのものですが、亜鉛不足だと、クチクラの生成が未発達になり、すぐに切れる髪になるのです。
そう、クシで説いた時にブチブチと切れるような髪になるのです。

また、髪の毛は、余分なミネラルを排出する器官であるとも考えられているのです。
つまり、亜鉛という金属ミネラルをしっかり摂っていると、それだけ髪の毛の成長が早くなるというのです。
また亜鉛ときくと鉛という響きが体に悪いのでは?
と思いがちですが、そんなことはありません。

亜鉛は、体の代謝を促すうえで重要なミネラルになります。
また、よっぽどのことが無い限り、過剰症にはなりませんのでご安心を!!

なぜ亜鉛不足が起こるのか?

亜鉛不足が起こるポイントとしては、亜鉛は、体の中で作り出すことができない栄養素です。

ですが、私達が生きていく上では、ミネラルは必須です。
ですので、亜鉛などのミネラルは食事によって補わないといけないのです。

ですが、ここに亜鉛不足に陥る問題点があるのです!!
なぜなら、ここ数年で現代の日本の食生活がガラリと変わってしまいました。
そうです欧米化です。

もともと和食には亜鉛不足になりやすいのですが、それでもご飯をしっかり食べている間はまだ深刻な程ではなかったのですが、欧米化に伴い、朝はパンやファーストフードなどが台頭してくると、一気に亜鉛不足は加速しました。

さらには、インスタント食品などの加工食品には、食品添加物がたっぷりと含まれています。
これらはなんと亜鉛を小腸で吸収されにくくなるものも含まれているのです。

亜鉛には、活性酸素を除去したり、糖分やタンパク質、脂肪の代謝にかかせないのでぜひとも不足したくないミネラルです。

そのためには、肉やチーズなどから亜鉛はとれますよ。

 

痩せる水があったらあなたはどうします?

もし、痩せる水なんてものがあったらあなたはどうしますか?

「まさかそんな夢の様な話、あるわけ無いじゃない、、、」

って思いますよね。

でも、温泉水といったならどうでしょうか?

また、浜崎あゆみさんが雑誌で紹介していた水だといったらどうでしょうか?

実は、その名前は桜島活泉水といいます。

 

これは温泉の源泉のお水なので、ミネラルが豊富なんですね。

さらには、体内のコレステロールを排出する働きもあるようです。

 

効果としては、デトックス効果、便秘解消効果、ダイエット効果などなどがあるようです。

これを、体内の60%が水分でできている人間に

毎日摂取したら、、、、どうなるのか

つまりは、痩せていく人もいるということなんです。

さらには、活性酸素を除去して、アンチエイジングもできるお水ということで、さまざまな雑誌でも紹介されていま飛ぶように売れているとのこと、、、

温泉水なので、普通の水よりはちょっと高くなってしまいますが、

本当に痩せる水だとわかっていたらあなたならどうしますか?

ちなみにこの桜島活泉水の詳細および口コミならこちらのサイトが詳しく書かれていますので参考までにどうぞ⇒桜島活泉水

 

 

酒は少量なら体に良い!は間違い!?

 

お酒は飲み過ぎると体に悪いけど、たしなむ程度なら、体に良い!と思っている人も多いはず!

はてして本当にそうでしょうか?

ですが、昔から、酒は百薬の長として、言われてきました。
ところがここ最近になって、やっぱりお酒は、少量でも体によいことはない!という意見が提唱され始めたのです。

これはどういうことかといいますと、
お酒の成分はエチルアルコールというものです。

実はこのエチルアルコールというのは、人間の体にまったくなんの栄養ともならないばかりか、体の毒素として扱われるのです。

とうぜん毒素なので、体の解毒を行なっている肝臓にて分解されます。

ところがその分解の過程で、肝臓の細胞が傷つけられ、やがては肝炎になってしまうのです。

ですから、やはりお酒は体に良くないという意見を認めざるを得ないようです。

ですが、お酒には、動脈硬化を予防したり、ストレスを発散させたりという事も考えられますので、完全否定とはいえないんですよね。

ですから、お酒があまり好きで無いのなら、無理に飲む必要は無いと思います。
本当にたしなむ程度におさえておいてたまに飲む程度なら、いいですけど気をつけましょうね。

ガンができる本当の原因

ガンができる原因を知っていますか?
だいたい大雑把なことまでなら知っている人も多いのです。

「細胞分裂の異常なんでしょ?」、、、という具合に、、
でもこれだと50点しかあっていません。

では、どのようなメカニズムでがん細胞が発生するのかもうちょっと詳しく、かつ簡単に紹介します。

まず、人間は、活性酸素という毒素を発生させます。
これは、代謝、食品添加物、ストレスなどが原因で発生します。

で、人間には、60兆の細胞があります。
この細胞は絶えず増殖して生まれ変わります。

人間の髪の毛や爪が生えるのも、増殖しているからです。
それと同じように、人間の体全身が生まれ変わっているのです。

もちろん、骨や、内蔵、脳、血液、なども生まれ変わっているのです。

で、細胞の生まれ変わりは、ちょうどいいところでやめるようにシステムが備わっています。

ですが、先ほどの活性酸素は、そんなシステムを破壊してしまうのです。
そうなると、細胞が必要以上に増殖してしまいそれが結果がん細胞がうまれどんどん増殖して臓器がおかされるとがんになるのです。